クリムト展とひつまぶし

昨日は愛知県まで小旅行。

芸術の秋、念願のクリムト展を見に出かけできました。

っと、その前に食欲の秋も。

 

店頭まで行き、まずは予約を。

熱田神宮正門からすぐ「あつた蓬莱軒」さん

席を確保して、予約時間まで熱田神宮をゆっくり散策。

 

 

参道は緑が濃く深く、厳かな気分になりました。

本宮には赤ちゃんのお宮参り、七五三、結婚式。

多くの、人生の節目を迎えた人々がそこにいました。

白いベビードレスの赤ちゃんの可愛らしさ、清らかさったら。

 

目にごちそうの後は

 

さぁ、いざ、ひつまぶし。

やっと会えたね、いただきます。

炭火焼きの香ばしさ、脂もあっさりとしてふわりとした食感。

ものすごい速さで箸が進みます。鰻ごはん鰻ごはん鰻ごはん、んんんー。

ふぅぅ。美味しかった。

充分な満足とカロリーでおなかいっぱい。

 

さぁメインの豊田市美術館へ。

クリムト展 ウィーンと日本1900

 

過去最大級のクリムト展だけあって、日曜日ということもあって、すごい数の人。

 

クリムトの黄金の甘美な作品も惹かれますが、この日は風景画がしみました。心の隙間に。

細やかな点描で表現された湖畔の風景。

↓これはポストカード。

 

日本初公開の「女の三世代」

↓のポストカード

背景に漆黒と銀の装飾、着物のような柄が重ね合うところに3人の女性たち

柔らかで丸みのある幼な子を抱く、白く透明感のある肌の若い女性。

老いやつれ、背が曲がった絶望の老婆。

 

誰もが抗うことができない「老い」。

この作品はいろんな感情が湧きおこります。

だからこそ、何度も見てしまう。

深い、クリムト。

 

この日、お宮参りの赤ちゃんの清らかさを尊いと感じたのは

この作品をみるプロローグだったのかなと思えてしまった。

 

 

食欲と芸術。ふたつを堪能した小旅行。

 

秋の良き一日でした。

 

 


コメント
コメントする








   

profile

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

ひとまめ焙煎店

静岡県掛川市葛川613−5   開店日は水・木・金・土曜日    午後1時から6時までです。   駐車場は店前1台分です。   tel:050-5884-5211   mail:info@hitomame.com

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM