母と歩けば 〜ゆりからゆりへ〜

夏のような陽気の中、、母と姉と3人でゆりを見に出掛けてきました。

 

まず訪れたのは、可睡ゆりの園

袋井市の可睡斎に隣接する200万株もの広大なゆり園です。

園内には竹林、池や滝、茶室も備えられてゆりをさらに美しく見せる手入れが行き届いています。

絵本のような鮮やかな色のパノラマにうっとりしていると背後からご婦人方の話声が。。。

「三途の川を渡るとこんな景色がひろがっているんだって。」

「へぇぇぇ。」


厳かで、神妙な気持ちに、ほんの少しなりました。

 

 

 

 


ゆりをバックに写真を撮る時には「ゆーりー」と言いながらスマイル(*^-^*)

冗談を言い合いながら、園内を歩き続けること1時間余り。

母の脚力はやはりスゴイ。日々のウォーキングの賜物か、背筋もピン。

こんな元気な80歳に私もなってみたい。そうだ、なろう。


そして、ゆり園を後にして、ランチに訪れたのは

オカン食堂さん。

そろって日替わりランチをいただきました。

丁寧に、心が込められた味わいに一同満足、満足。

店主の方のあたたかい人柄も和みました。ごちそうさま。

 

 


さぁ、次は掛川城下、逆川沿いのゆりの花道へ。

ここは毎年訪れているけれど、今年はまた格別。

それは桜の季節に、ゆりの植栽準備を見ているから。

掛川桜を見に訪れた時、いくつもの穴を掘って、掘って、掘っている方に尋ねたところゆりの球根を植える準備ですって。

手間ひまかけて、こうして美しい川辺になっていくのだと思うと想いもひとしお。

すくすく育って、キレイに咲いてくれてありがとう。

と、ゆりたちに勝手な親心をいだきながら観るのも良いものです。

 

ゆりと紫陽花

 

ゆりと掛川城

可睡とは違う印象で堪能できました。

 

母と姉と、ともに歩いたゆりの道。

 

目に心に、鮮明に刻まれた、良い1日でした。(*´ω`)

 

 


コメント
コメントする








   

profile

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

ひとまめ焙煎店

静岡県掛川市葛川613−5   開店日は水・木・金・土曜日    午後1時から6時までです。   駐車場は店前1台分です。   tel:050-5884-5211   mail:info@hitomame.com

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM